手持ちのお金があまりなくて預金も乏しい時に、何らかの理由によりまとまったお金が必要になる時があります。もし、誰もお金を貸してくれないとすれば、最後の頼みは消費者金融やカードローンになります。

 

カードローンの審査は割と厳しくない

消費者金融やカードローンは住宅ローンなどのように用途が決まっておらず審査も割と厳しくないだけでなく、ヤミ金などのようにブラックでないため借りやすいのです。実際に消費者金融やカードローン会社としてもは多くの人に借りてほしいためによりクリーンなイメージを大事にしています。

 

ただ、そうはいっても誰に対してでもお金を貸すわけではありません。やはり金銭面での信用はとても重視します。貸金会社や金融機関としてはお金を貸す以上は絶対に返してくれる人でないと貸すのは危険だからです。下手に自己破産をされて債権がチャラになってしまうぐらいなら貸さない方がましと考えるのが普通でしょう。

 

ローンの審査にはいくつかの項目がありますが、その中に在籍確認があります。この在籍確認とはお金を借りる側の勤務先の在籍確認になります。金銭面での信用の一つに定期的な収入があるかどうかがあります。定期的な収入があればローンの返済は問題ないと判断されますし、逆に定期的な収入がなくてギャンブルばかりをやっている人や、1日働いただけで嫌になり働くことをやめてしまうような人はおそらくお金を貸しても返ってこないだろうと判断されるのです。

 

在籍確認の目的

そこで、継続的な収入を得ている勤務先があるかどうかを確認していきます。中には働いていないのに適当な勤務先を書いてお金を借りようとする人もいるため、例外なく在籍確認を行います。

 

在籍確認をする方法は基本的には電話確認になります。カードローン会社や消費者金融の担当者が記載してある勤務先に本当にその人が実在するかを確かめるのです。ですが、これをよしとする人は意外と少ないのです。自分が消費者金融からお金を借りていることや消費者金融からお金を借りていることが会社にばれたとすれば、少々都合が悪いからです。あの人はお金に困っているに違いないと変な噂が流れるかもしれません。

 

ただ、実際には電話確認をする担当者も借主が勤務先に電話されるのが嫌なことぐらいはわかっていますので、わざわざ消費者金融やカードローン会社の名前を出して「○○さんという方がローンの申し込みをされたのですが本当に在籍していますか?」などと聞くことはありません。普通は担当者の名前で「○○さんはいますか」などとさりげなく聞くことにしています。

 

ですが、それでもどうしても電話確認だけは勘弁してくれという人もいます。そこで、書面での審査に変更することができる場合があります。書面での審査とは、給料明細や源泉徴収票などをコピーして消費者金融会社やカードローン会社に送付したり、パソコンであれば画像を添付して送信する方法です。

 

ただし、すべての業者が書面での審査をするとは限りませんので事前に書面での審査が可能かどうかを調べておきましょう。