カードローンには、消費者金融系と銀行系があります。

 

それぞれを比較したときに、一番わかりやすい特徴は審査時間です。最近では銀行系カードローンでも、即日融資が可能になりました。しかし、銀行系カードローンで即日融資を受ける場合、申込先の銀行に普通預金口座を開設していないと、その日のうちにお金を借りることはできません。

 

普通預金口座開設をしていた方が早い

普通預金口座開設をしていない銀行だと、1週間ほどかかることもあります。審査時間が早い消費者金融系カードローンなら、普通預金口座は関係ありません。最短だと、申し込みから30分以内に、お金を借りることができます。遅くとも翌営業日には審査が完了して、借り入れが可能なのです。

 

今すぐお金を借りたいときには、銀行系カードローンよりも頼りになるでしょう。消費者金融系カードローンで借りられる最短時間は、それぞれの会社で違います。30分以下でお金を借りられる消費者金融もあるので、急いでいるときは審査時間が早い会社を選びましょう。

 

ただし、消費者金融が謳っている審査時間は、あくまでも最短の時間です。申し込みをした時間帯によっては、審査が速い消費者金融系カードローンでも、最短で融資を受けられないこともあります。

 

即日融資には時間帯が重要!?

即日融資を受けるためには、申し込みをする時間帯が重要なポイントです。消費者金融各社には、審査回答時間があります。

 

また、銀行振込でお金を受け取りたい場合には、銀行の営業時間も考えなければいけません。確実に即日融資を受けたいなら、平日の午前中に申し込むと良いでしょう。平日以外の祝日、深夜などに申し込みをした場合は、翌営業日になるのが基本です。消費者金融系カードローンの特徴は、審査時間が早いことだけではありません。銀行系カードローンに比べると、審査基準が緩いとされています。

 

たとえば、銀行系カードローンの場合、公務員や正社員でないと審査に受かる確率は低いです。非正規社員やフリーターが申し込むと、審査で落とされお金を借りることはできないでしょう。しかし、消費者金融系カードローンは、非正規社員やフリーターでもお金を借りることはできます。銀行系カードローンでは審査に通るのが難しい人にとって、これほど助かる特徴はありません。

 

職業が不安定、収入が少ない、勤続年数が短いなど審査で不利になる条件にあてはまる人は、銀行系より消費者金融系カードローンを選びましょう。審査時間が早いので最短30分以内でお金を借りられたり、審査基準が緩いのでお金を借りるのが難しい人でも借りられたりするのは、利用者にとっては有利な特徴です。

 

しかし、消費者金融系カードローンには、銀行系よりも金利が高い特徴もあります。ですから、お金を借りるときは、計画的に借りるようにしましょう。返済のことを考えながら計画的に借り、無利息期間を上手に使えば、金利が多少高くてもメリットは大きいです。最短でお金を借りたいときには、頼れるのが消費者金融系カードローンの特徴です。