借金をするためには審査をしてもらって、それに通過しなければなりません。では、どういった理由で審査落ちしてしまうのかと移転について、多くの人が興味があることでしょう。一言でまとめると、返済能力がないと破断された人が審査に落ちてしまうこととなります。

 

審査落ちの理由は

その最たるものは、無職で収入が全くないという人です。多くの消費者金融や銀行では、安定した収入がある方のみ、申し込めることとなっています。もちろん、申込フォームに記入して申し込むだけなれば、誰だって申し込むことは可能です。しかし、結局は無職であるということではねられてしまいます。収入がないので返済能力はゼロと判断されるので、審査落ちするという訳です。

 

そして次に審査に通らない人の特徴として挙げられるのは、自己破産をしたことがある人です。自己破産とは、わかりやすく言うと破産手続きによって借金を棒引きしてもらう手続きのことです。法的手続きによって、完全に債務が亡くなる手続きなので、債権者であった人は迷惑をこうむっています。

 

そのため、自己破産をしたことがある人に対して、わざわざお金を貸したいと思う人はいません。信用力が低下しているためです。ちなみに自己破産をすると、官報に名前が掲載されるほか、信用情報機関にもその旨登録されます。したがって、芝あくはどこからも借りることができなくなるでしょう。

 

返済の延滞にも注意する

その他、返済が困難であるとみられるタイプの人は、返済が全くなされていないわけではないけれど、その不安が大いにあるという人です。例えば、借金の返済を滞納しがちであるという人や、既に複数の消費者金融から借り入れをしている多重債務者です。

 

返済が滞りがちであるということは、いずれ返済することができなくなる可能性が高まります。また、多重債務者も同様で、そのうち返済がパンクしてしまう恐れが高いとみられます。ちなみに携帯電話代の滞納や遅延も、同じように見られます。

 

なぜなら、割賦販売で購入した場合、個人信用情報にその履歴が載るからです。きちんと返済していることも記録として残りますが、返済が遅れているということも履歴に残るのです。したがって、携帯電話の支払いについても、きちんと返済をしておくべきです。

 

そして、返済能力がないと判断される者として、未成年や勤続年数が短い人が挙げられます。未成年の場合、たとえ収入があったとしても、安定した収入というには心もとない物です。また、未成年者は親権者による契約取り消しが可能であるため、お金を貸すにはリスクがあります。そのため、貸してもらうこと自体ができない場合もありますし、借りることが可能だとしても額が少なくなるのが一般的です。勤続年数が短いという人は、コロコロ職業が変わったり、給料の額が低い場合が多いため、審査落ちしてしまうことが多いです。

 

以上のことは一般的なことで、個別の業者によっては異なる場合もあります。しかし傾向としては共通ですので、知っておいて損はないでしょう。