カードローンの大きな魅力となっているのが「即日融資」で、申し込んだ当日中に融資を受けることが出来るというサービスです。中には「特に必要性は無いが、万が一の時に使えるように事前に契約しておく」という人も居ますが、多くは「今すぐにお金が必要だ」という状態でカードローンを利用します。その為、審査期間が短くすぐに利用出来る可能性があるという事は非常に大きな魅力となっています。

 

カードローンの審査期間は

さて、このカードローンの審査期間に関してですが、即日融資に対応しているカードローンの場合はおおむね1時間以内となることが多いです。良く「最短30分」という表現を見かけるかと思いますが、これは審査時間を表しているものであり、最短で審査開始〜終了まで30分以内で完了する可能性があるという意味です。

 

カードローン契約をするためには、任意の申込方法から必要な手順を踏むことになります。現在、多くの人が利用している方法である「インターネット申込」であれば、公式サイトの申込フォームに必要事項を入力するという流れで審査を受けることが出来ます。パソコンやスマートフォンなど、インターネットが利用出来る端末であればどれからでも申し込みを行うことが出来るのですが、必要事項の入力が完了するまでの時間は人によって違いがあります。

 

慣れている人で入力する内容を全て把握できている人の場合は5〜10分程度で完了するかもしれませんが、操作に慣れていなかったり入力内容を調べながら進めていくという人の場合は20〜30分程度かかる可能性があります。その後、申告した内容に不備が無ければ電話やメールで内容の確認をされた後に審査が始まります。

 

「最短30分」とは

前述した「最短30分」という表現は、あくまでも「審査開始〜終了」までの時間ですので事前の手続きは含まれていません。その為、審査自体が30分で終わったとしても事前の申込情報入力でかかった時間によって30〜60分程度まで時間が変動することになります。

 

また、必ずしも30分で審査が完了するという訳では無く、場合によっては数時間程度審査時間がかかる可能性もある為、ある程度余裕を持って申し込みをすることが大切です。結論として、審査期間をどう捉えるのかによって回答は異なりますが、おおむね30〜60程度と考えておけば安心できるという事になります。

 

ただし、申し込み時の状況によっては審査期間(申し込み〜結果)は大きく変わってしまいます。基本的にカードローンの審査が行われているのは8:00〜23:00の間で、各社によって対応時間が異なります。

 

深夜〜早朝にかけては審査が行われない為、この間に行った申し込みに対する対応は「翌営業(日)」が始まってからになります。早朝であれば当日の営業が始まってから、深夜であれば翌日(以降)という感じです。また、休業日を挟む場合には相応の時間が延長されることになる為、自身の状況を加味して検討していくことが大切です。