カードローンを発行する会社にも様々な種類があり、その会社の傾向によってはカード発行の際にいろいろな審査基準があります。

 

その一つが信販系と呼ばれるものです。これはかつて信販会社と呼ばれるところが発行していたカードローンです。信販会社とは、モノを購入するときやサービスを受けるときに割賦払いと呼ばれる分割払いのようなサービスを提供していた会社です。今では割賦払いではなく、クレジットカードの発行などを中心に行う会社も増えています。

 

信販系のカードローンの審査通過の為に

この信販系のカードローンですが、審査の通りやすさは中くらいとなっています。消費者金融系と比べると少し難しいところもありますが、銀行ほど難しいわけでもないでしょう。比較的消費者金融と近いくらいの難しさではありますが、実のところ会社しだいという傾向もあります。

 

このような審査に通るための方法は様々なものがありますが、ひとつはとにかく信用情報を高めることですね。
実は信販系の会社の中には家賃保証をしているところもあります。これは賃貸で家や部屋を借りるとき、もし借り手が家賃を支払えない場合に、代わりに保証をするというものです。このため、信販系の会社の中には賃貸で家賃をしっかり支払ってもらっていない、過去に滞納した履歴がある、というような場合は審査に通らない可能性があります。
信販系の怖いところは、このようにいつどこで何がつながっているかわからないところですね。このため、普段からどの支払いでも滞納しないように配慮するということでしょう。
信販系の会社は他にも、塾の費用やインターネットプロバイダの支払い、エステの分割払いや割賦払いの残高や履歴、クレジットカードのリボ払いなどがしっかりされているかどうか、ということを注意します。これは逆にメリットでもあり、信販会社の割賦払いを利用してきちんと返済していれば、信頼性も高い人だと判断される可能性があるのです。

 

ただし、それ以前にそもそも収入に見合わない程度の借り入れをしたり、割賦払いをしたり、高額なローンは組まないようにすることも大事なことでしょう。
実はローンやクレジットカードを利用したことがない人と、様々な支払いで滞納経験がある人なら、支払いで滞納経験がある人のほうが大きな問題となるのです。
このような滞納は金融事故と呼ばれ、いわゆるブラックリスト入りすることもあります。一度の滞納でも注意する必要があり、厳しい会社ならその一度でも審査に落ちることがあるのです。
このため、とにかく滞納しないことは基礎基本的なことで、何よりしっかり返済するようにしましょう。実は信用度合いの面で考えると、追加で借り入れをしてでも返済をした方がいいのです。返済に困る前に相談することも大事なことでしょう。
ちなみにお金を借りすぎている人でも審査に落ちることがあります。これはお金を借りすぎているため、返済するリスクが高いという判断をされるということです。