三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行が実施しているカードローンです。このローンは銀行系と呼ばれるジャンルに属して、基本的に低金利でありながら借入額が高いため、非常に利便性が高いのが特徴です。まず、基本的に実施している期間が銀行ですから、銀行系に属します。銀行の中でも珍しく、用途を指定しないため自由に借り入れや返済ができるローンとなっています。

 

三井住友銀行カードローンの特徴

借りられるATMも全国的にいろいろなところに展開されており、田舎でも提携している銀行のATMでお金を借りることができるので、とても便利になっています。また、コンビニATMやそれ以外の様々なCDで借りられる場合もあり、非常に利用しやすいでしょう。もちろんインターネットバンキングからローンの利用もできます。

 

そして金利が低いのも嬉しいところでしょう。三井住友銀行のカードローンは最低で4.0%となっており、非常に低金利で借りられるのがメリットです。最大でも14.5%となっているため、金利は低めといえるでしょう。

 

このようにメリットが多い三井住友銀行のカードローンですが、審査は比較的厳しいと言われています。審査に関しては、基本的に銀行系は厳しいものなのです。これは全体的なローンの傾向であり、また信頼性を重視する銀行の場合は比較的金利は低くてもリスクの少ない人に対して枠を貸す事が多いのです。

 

また、厳しい理由が年収でしょう。実は三井住友銀行が発行しているクレジットカードは非常に審査が厳しいことで有名です。とある会社のゴールドカードが発行されたのにもかかわらず三井住友銀行のクレジットカードには落ちたという人もいますから、やはり厳しい傾向があるようですね。

 

ただし、この厳しいのは最近になってゆるくなってきたという意見もあります。ここ最近になってカードローンなどの発行や利用に積極的になってきているようです。一時期は特徴的だった借り入れのしづらさや審査の通りにくさなども、最近は徐々にゆるくなっているようです。

 

ただし、これはあくまでも安定した収入があり、これまでしっかり支払いをしたという履歴があるかどうか、ということが大事なことでしょう。このような履歴は信用情報と呼ばれ、審査の際に非常に重視されます。

 

ちなみに審査に通るコツはいくつかあります。
一つは申し込みの時の利用希望額を多くしないことです。これはカードローンで申し込むときにそこまで多くの金利を必要としないためですね。基本的に必要な金額そのものを借りて返済し、実績を作ればさらに借入限度額が上る可能性がありますから、そちらを狙ったほうが確実でしょう。

 

必要な金額以上の利用極度額は使いすぎを招く事にもなりますから、高い金額は避けたほうがいいのです。
また、銀行の場合は総量規制の対象外となりますから、枠が上がる幅も広くなっています。このため、発行される可能性を高めるためには、そこまで大きくない金額として数十万円程度の枠があれば十分でしょう。