できるだけお金を借りるようなことはしたくないと思っても、結婚式シーズンなど出費が続いてどうしてもピンチということもあるでしょう。お金を借りなくては今月どうしても足りないというときに便利なのがカードローンです。

 

ローンには種類がありますが、カードローンです。カードローンはどんな使途にも使えるもので、使途が決められたマイカーローンや住宅ローンに比べると金利が高いという特徴があります。ローン用のカードを作り、これを使ってお金を借りることからカードローンと呼ばれています。

 

すぐ借りられる手軽さはメリット

カードローンのメリットは、お金を借りたいときにすぐ借りられるということです。一度カードを作れば限度額内であればすぐにお金を借りることができます。

 

急にお金が必要になったときに、すぐに借りられるという安心感があります。もちろん借りたものは利息をつけて返さなくてはいけません。しかし、知人にお金を借りるよりカードローンでお金を借りた方が気を遣わなくてよいので気楽という考え方もあります。

 

利息は必要になりますが、利息は借りた日数の分だけなので、できるだけ早く返済するようにすれば、利息が膨らむこともないでしょう。カードローンは銀行系と消費者金融系、信販系があります。

 

銀行系のカードローンは安心感が高い

この中で安心感が高いと感じる人が多いのは、銀行系のカードローンでしょう。銀行は普段からほとんどの人が利用していますので、抵抗が少ないのではないでしょうか。住宅を購入するとき、多くの人が銀行の住宅ローンを利用します。

 

銀行からお金を借りるという事は特別なことではありませんので、カードローンも銀行系が安心と感じる人が多いでしょう。また、銀行系のカードローンは低金利ということも魅力です。消費者金融や信販系と比べると、利息が低い傾向にあります。

 

お金を借りる時、心配なのは利息ですよね。お金が足りなくて借りるのに、返すときは利息を加えた金額を返済しなくてはいけません。できるだけ返済額を抑えるには、利息が低いところから借りるのがよいでしょう。

 

また、お金がとにかくすぐ必要ということになったとき、早く借りることができるところを選びたいですよね。消費者金融のカードローンには、最短30分で審査結果がもらえ、初めてでも来店不要で振込は即日OKというところもあります。

 

どちらかというと消費者金融の方が早いイメージがありますが、銀行系でも即日OKというところがあります。たとえば三菱東京UFJ銀行のカードローンも最短30分で審査結果の回答がもらえます。

 

銀行のテレビ窓口で契約とカード受取が必要ですが、土日祝でも利用でき、平日なら20時まで利用できますのでお仕事帰りに行くこともできるでしょう。このように、銀行系のカードローンはメリットが多く、利用しやすいという特徴があります。

 

どうしてもお金が足りずにカードローンを利用しても、給料日にすぐ返せるというのであれば、利息の金額を抑えることができます。お金を借りるという事は心配もありますが、上手に利用するようにしましょう。