これから初めて貸金業者や銀行を利用して「お金を借りる」ことを目指している人、すでに「お金を借りている」状態の人にとっても知っておいた方が良い知識の一つに、「カードローンとキャッシングの違い」があります。

 

カードローンとキャッシングの具体的な違い

以前、消費者金融のCMなどでは「キャッシング」という表現が使用されていました。ところが、数年前くらいからは多くの消費者金融が「カードローン」という表現に変えてきています。

 

名称は変わりましたが、実際に取り扱っている商品自体には変更があったわけではありません。そうなると尚更「どっちなの」と思ってしまう人が出てきてしまう訳ですが、結論から言うと現行の消費者金融や銀行が提供しているフリーローンのほとんどは「カードローン」です。

 

では、それぞれにどういった違いがあるのかを紹介します。違いのある部分を知っておければ名称を確認しなくとも「これはカードローンだ」と言った判断をすることも可能です。

 

最も大きな違いは「返済方法」

最も大きな違いとなっているのは「返済方法」の部分です。今ある消費者金融・銀行が提供している商品のほとんどは、「借りたお金を分割で返済していく」という方式をとっています。つまり、「分割返済」で利用することが出来るもので、このような分割返済が可能な商品を「カードローン」と呼びます。これに対して、借入れた金額を一括で返済するタイプの返済方式を採用しているものを「キャッシング」と呼びます。

 

詳細な部分では他にも違う部分はあるにせよ、基本的にはこのような返済方式によってそれぞれを区別することが出来ます。過去、キャッシングとして広まった商品のほとんどは分割返済を前提として利用するものである為、実際にはカードローンだったという事です。

 

ただし、最近でもそれぞれの表現を混同して使用しているところは多くあります。銀行などでは正確な表現が用いられることがほとんどですが、一部表現といてどちらの名称も用いられていることもある為に分かり辛い状況になってしまっています。

 

名称によって返済方法が異なるという事を理解していると、申し込み先を検討する際の一つの基準として活用することが出来ます。この商品は分割だから候補になるが、この商品は一括だから候補にはならないという感じです。わざわざ詳細を調べなくとも大きな判断の要因とすることが出来るのは非常に便利ですが、先にも紹介している通り「必ずしも名称通りの形態では無い」為に最終的には各商品の詳細を調べて判断することが必要になります。

 

消費者金融が以前はキャッシングという名称を良く使っていた状況の中、銀行は最初からカードローンという名称を主に使用してきています。その為、「カードローンの方が利用環境が良い」と思ってしまう人がいますが、必ずしもそうではないので名称だけで比較してしまうことにはリスクが含まれます。

 

銀行系の場合、基本的に金利や限度額などが消費者金融よりも優遇されていることが多い為、「カードローン=好待遇」と思い込まないように十分注意する必要があります。