担保なしにお金を借りる場合には、キャッシング(消費者金融)とカードローンがあります。どちらもお手軽にお金を借りることができ利用しやすくなっているのが共通点になります。では、それぞれどのようなメリットがあるでしょうか。

 

キャッシング(消費者金融)のメリット

まず、キャッシング(消費者金融)のメリットは無利息期間があることです。普通、お金を一日でも借りると金利が発生します。これにより消費者側としては利息を支払わなければならないのですが、無利息期間というのは一定期間に限定して利息を支払わなくてもよい期間を設けているということです。

 

無利息期間は消費者金融の会社によっても異なりますが、長くて30日程度になります。この無利息期間を有効に利用するには返済計画が明確な場合がよいでしょう。つまり、30日間が無利息期間であれば、30日以内に借りた分のお金を確実に返せるのであれば無利息期間を利用するメリットは大きいことになります。

 

実質自分の預金からお金を下ろして30日以内に元通りに入金したようなものだからです。また、少額のお金を借りる場合にも無利息期間を利用することができるキャッシング(消費者金融)が優れているのです。なぜなら、少額のお金なら借りてもすぐに集めやすいからです。

 

カードローンのメリット

では、カードローンのメリットは何でしょうか。一番大きなメリットと言えるのは、借り入れ限度額が定められていないことです。もちろん最初は借入限度額の定めはあります。カードローン会社によっても異なりますが、上限を20万円と設定しているところもあれば、上限を30万円設定しているところもあります。

 

ただ、この上限は金銭面で信頼されるようになると天井が高くなってきます。これはカードローン会社によっても異なりますが、たいていのカードローン会社では半年間しっかりと遅延せずにローンの返済をすることができれば次に借りる時には限度額が上がっているのです。

 

実はここまではキャッシング(消費者金融)の場合にも同様のことが言えます。ですが、キャッシング(消費者金融)には総量規制というものがあります。総量規制とは、簡単に言うとその人の年収の3分の1以上は借り入れをすることができないことです。

 

たとえば、年収が300万円の人はどんなに上限が上がっても100万円までしか借り入れをすることができないということです。これは、過去に返済できないほどのお金を借りて、結局は自己破産したり自殺に追い込まれて債権者の手元には金利どころか元本さえろくに戻ってこなかったという過去があるからです。

 

これに対して銀行カードローンの場合には、この総量規制が妥当しません。そもそも総量規制自体が存在しないのです。その理由を述べるとすれば、使っている法律が違うからです。総量規制があるのは貸金業法ですが、銀行カードローンは銀行法に基づいて定められています。総量規制により借りることができなかった人は銀行系カードローンを使用するとよいでしょう。