カードローンやキャッシングなどのような借金を契約したいという場合には必ず事前に審査を受ける必要があります。

 

審査を通過する為の必須項目

審査はそれぞれの申し込みに対して信用をチェックし、本当に融資した後で返済してくれるかどうかというところをチェックするために必須の物となっていますから、審査なしでお金を借りるということはできません。

 

ただ信用調査という目的がある以上、全ての人が審査に通過できるというわけではないということは常に悩ましいところとなっています。どれだけお金が必要であっても審査を通過することが出来なくては借金をすることもできないわけですから、自分の信用に自信が無い人ほど強い不安を感じてしまうものです。

 

収入があるかは絶対条件

さて、ではこの審査ではどういったことがチェックされているのかというと、まず間違いなくチェックされるとして考えていなくてはならないのが「収入があるかどうか」というところです。借金を返済するには当然お金が必要です。

 

そして借金は基本的に借りてすぐ返すなどの形にはならず一ヶ月後、二ヶ月後、金額によっては一年後などまで時間をかけて返済をしていくことになりますから「長期的に安定した収入が得られる仕事に就いているかどうか」が重要なポイントとして扱われます。

 

よく勘違いされるのですが金額が多い少ないはそこまで重要ではありません。もちろん給与の額が多い方が多くのお金を貸し付けることが出来るということで業者は好みますが、給与が少ないからという理由だけで断ることは早々ありません。むしろ収入が多くとも自営業のように安定性が欠けている要素がある場合の方が審査に落ちる可能性が高いです。

 

要するに公務員や正社員であれば審査通過の可能性は極めて高い、パートやアルバイトでもある程度の勤続年数があって今後も同じくらいの収入がありそうだと判断できるのであれば審査は通過できる可能性があるといった判断になります。

 

こうした情報と併せて個人信用情報がチェックされ、過去に返済の滞納を起こしたことは無いか、債務整理をした記録は無いかといったようなことがチェックされていきます。

 

返済の滞納にせよ債務整理にせよ、もしこれらの情報が個人信用情報に記録されていると審査通過の可能性はほぼ無くなりますので注意しましょう。

 

また同様にチェックしておかなくてはならないのが申込みをした人の年齢です。現在キャッシングやカードローンを運営しているほとんどの業者では「成人のみを対象とする」というルールのもとで融資を行っています。

 

これは民法上、未成年者は法的に有効な契約行為をすることが出来ないというのが理由です。一応保護者の同意書があれば契約はできるということで学生カードローンを運営しているところもあるのですが、そうした学生カードローンを運営している業者を除くと基本的には成人していないと利用はできません。

 

いざお金が必要になって申し込んだのに審査が通らなかったということの無いよう、これらのポイントは事前にしっかりチェックしておきましょう。