カードを利用するとき、お支払いはどうされますかと聞かれます。当然、カードに設定がなければできない方法もあるでしょうが、カード会社が一番喜ぶのは小額のリボ払いです。リボ払いとは1回に支払う金額をあらかじめ決めておき、利用額に関係なく一定の返済額で済む方法です。

 

基本的には返済方法は一定

中には、利用額に応じて一回の支払い金額もスライドするリボ払い方法もありますが、基本は一定です。通常、一回払いは現金と同じで約1ヵ月後の口座引落で利用額がそのまま引き落とされるだけですが、リボ払いは例えば10万円利用し、一回の支払い設定金額が3万円だとすると、当然1回目の支払日は引落が3万円です。

 

しかし、元本、この場合は10万円ですが返済した3万円の内訳は元本28000円と金利2000円といった具合です。ここまで金利が高いことは無いでしょうが、常に利息がかかるという意識は必要です。

 

良いところは毎月の支払い金額が一定であることから、収入が安定している場合は家計が安定するところにあります。利用額が大きければ利息負担が厳しいですが、小額であれば毎月の引落が大きく上下することを考えると一定の支出が計算されるこの方法にメリットがあるのかもしれません。

 

分割払いとは

分割払いですが、こちらは、通常3回以上をさします。2回払いは確かに分割していますが、多くのカード会社では利息が付きません。ここが大きな違いです。3回以上になると通常キャンペーン等なければ金利が付きます。冷蔵庫を10万円で購入して10回払いにして、毎月の支払額が1万円で10回で終わるのはキャンペーンで家電量販店や通販会社が金利相当分を負担しているからです。

 

ご利用明細を見ると、ショッピング利用枠から、残りの返済回数分が限度額から減っているのが分かります。当然返済すればそれだけ利用限度額は復元されます。また、多くは残額一括での返済も可能です。その際は一括返済手数料がかかる場合がありますのでカード会社に相談するか、前もって確認しておく必要があります。

 

元利均等返済は代表的なところでは住宅ローンです。毎月の返済額が10万円でボーナス払いなしの場合、10万円の内訳は、元本の返済は6万円、金利部分が4万円といったところでしょうか。35年ローンで返済を始めたばかりの方はおおよそこれくらいの比率です。貸出金利が低水準の場合は元本返済比率がもう少し大きいかもしれません。

 

これが、20年経過して仮に金利が変動していない場合は、おおよそ元本は半分くらいになったころです。このあたりから、一気に返済しているなと実感できます。10万円に占める元本の割合が圧倒的に大きくなってくるからです。元本7万、利息3万かもう少し、元本が大きいかもしれません。

 

とにかく、元本が目減りするのが分かるスピードです。似ているのが、リボ払いと、元利金等返済ですが、購入するものが違うのと、元本が違うのが一番大きいですね。また、住宅ローンを例に出しましたが、これが、自動車ローンですと、金利もそれなりに上がってきますし、期間も8年程度がマックスです。つきの返済も5万円程度で元本は400万程度が一般的です。