銀行 カードローンは、手軽にお金を借りることができる仕組みです。あらかじめ契約を結んでおいて、わくの範囲内で自由に借りたり返したりすることができます。

 

基本的に契約期間の定めがないことが多いので、お金が必要なときにいつでも、お金を借りることができます。そのため、万が一の時でも安心することができますし、銀行のATMさえあればどこでも借り入れすることができるため、便利です。

 

銀行のカードローンの審査通過の為に

そんな銀行 カードローンですが、借りられるようにするためには、審査に通って枠を設定しもらわなければなりません。そして、銀行のカードローンは無担保のローンであるため、借入するために通らなければならない関門は、意外と多いものとなっています。

 

まず、審査にとおるために一番重要で、最初に通過しなければならないのは、安定した収入があるのかという点です。すべての銀行は、収入のない人がカードローンを申し込むことを認めておりません。

 

お金を貸す以上、返済能力のない人に貸してしまえば、貸し倒れてしまうリスクがあるので当然のことです。したがって、安定した収入を持っていることが、審査に通るためには重要です。

 

ただし、安定した収入と言う概念は、借り入れる額によって異なるので安心してください。例えば、新規で10万円借り入れるのと100万円借り入れるのでは、安定した収入の額は異なってきます。

 

なぜなら、10万円であれば、200万円の収入であっても返済は可能ですが、100万円であればすでに年収の半分となっているため、そう簡単には返していくことができませんし、返済が不能になる可能性が高まります。つまり、借りる額をきちんと返せるかどうかと言う点が重要なのです。

 

他社の借り入れ状況も重要

そして、次に重要なことが、他社の借り入れ状況です。もしすでに、他社でそれなりの額を借りているのであれば、銀行のカードローンの審査には通りにくくなります。

 

その理由も、先程収入の話と関係がありますが。返済能力を超えた資金を貸してしまうと、貸し倒れてしまうリスクが高まると言うのが理由です。そのため、収入に比して借入額が多いと判断されれば、貸してもらうことはできないでしょう。

 

ただし、銀行のカードローンでも、おまとめローンの場合は別です。おまとめローンとは、他社の借り入れをひとつにまとめて返済を用意にするために組まれるローンです。その性質上、すでに多重債務となっている人が申し込むものであるためというのが理由です。

 

ただし、借りた後にきちんと返済をしていないと、債務不履行解除がなされてしまい、残額を一括で返済しなければならなくなる場合もあります。したがって、おまとめローンを借り入れた場合は、確実に返済をしておくようにしましょう。

 

以上が、銀行 カードローンの審査に通るために重要なことです。そのため、なかなか審査にとおらないと悩んでいるかたは、これらの点が改善されるように日頃から努力しておくべきでしょう。