カードローンの審査に通過する方法とは?

カードローンやキャッシングを利用しようと考えているが、難しい言葉や、専門用語が多くて、仕組みが理解できそうにない、出来ることならもっとカードローンについて理解したうえで検討したいという方は多いのではないでしょうか。

 

カードローンってどういう仕組みなの?

確かに、カードローンやキャッシングは一般の方、とくに普段カードローンの仕組みについて考えることがない、今まで人生で利用してこなかった為知識がないという状況は多分にある可能性があります。

 

このサイトではその中でも、特にカードローンの審査について的を絞って丁寧にわかりやすく解説しています。カードローンの利用を検討している方からすると、審査に通るかどうかは非常に重要視しているポイントではないでしょうか。

 

審査に通るかを重要視しているポイントとしては、審査に通らなければもちろんサービスの利用自体が出来ないということになってしまうからです。だからこそまずは審査に通りためには何をすれよいのかを考える必要があります。

 

カードローンには審査がある

カードローンやキャッシングを利用する為には、各商品を取り扱っている会社が行う「審査」をクリアする必要があります。詳細な審査基準に関しては違いがありますし、細かい部分は公表されていないので知る由はありません。しかし、基本的な判断基準となっている要素に関しては分かっている為、カードローン審査を受ける前にしっかりと確認しておくことが大切です。

 

インターネットでも情報をキャッチ

情報を網羅的にキャッチしたいときは、インターネットで「カードローン 審査」などのワードで検索すれば大量のサイトがヒットするので、それらを参考にしていくことでも予習が可能です。

 

中には特定の会社のカードローンのサービスの説明はあっても、カードローンのそもそもの仕組みから説明していないサイトも多いので、ぜひ本サイトで基本的な知識と情報をつかんで、まとめていくところから始めましょう。

 

審査の判断材料

基本的な要素となるものは「属性」と「実績」で、その中にいくつかの要素が存在しています。例えば「属性」として言われているものの中には、年収、就業先企業規模・社会的信用・将来性、勤続年数、役職などが含まれます。

 

「実績」には、これまで利用したことのある信用取引において滞納や未払いの有無、個人信用情報機関に登録されている内容などが評価の材料となります。

 

この内、特に重要な要素と言えるのが「年収・個人信用情報機関の登録情報」で、この内どちらかが理由となって審査をクリアできなくなる可能性が高いものです。

 

普通の生活をしていれば審査はパスできる!?

基本的な考え方として、「初めてカードローンを利用する」という人がごく普通の生活(社会人として企業に属している)をしている状況であれば、基本的に審査をパスできます。信用として実績も何も無いという事は、これまで借金が必要になるような生活とは無縁だったという判断をすることが出来、「健全な生活送る力がある」という評価を得ることが出来ます。

 

また、他に債務を持っていないので返済能力は十分にあるという判断をすることも出来る為、結果として融資を受けられる可能性が高いという結論に至ります。

 

ただし、同じように初めてカードローンを利用する人であっても、年齢が50歳以上で信用情報が一切登録されていないという場合は逆の結果になる可能性が高くなります。理由は、「その年齢・環境で信用取引を一切行っていないのは普通では無い」と判断することが出来るためです。

 

情報が全くないのもNGに

商品を購入する場合、会員になる場合など様々な状況で「クレジットカード」を作成する機会が多いのは周知の事でしょうが、個人信用情報機関にはクレジットカードの契約履歴なども登録されます。今では様々な種類のクレジットカードがあり、日頃の生活に密着しているものだと思います。このような中で通常、ある程度の環境であればクレジットカードの1枚や2枚所有しているのが普通ですので、それすらないということは「現金主義の真面目な人物」もしくは「過去の金融事故を起こしている人物」のどちらかと評価されてしまう可能性があります。

 

前者であれば何も問題はないのですが、俗に「スーパーホワイト」と呼ばれる後者の場合、現状がどうあれ過去に事故を起こしているという事は非常に大きなマイナス要因となってしまうため、状況が同じであっても審査を通過できない可能性が高くなります。過去の金融事故などのネガティブな要素は審査において、通らなくなってしまうポイントとして大きなものです。

 

ただスーパーホワイトとホワイトという言葉は同じように使われることが多いですが、厳密にいうとそれぞれの意味合いは違います。「現金主義の真面目な人物」と「過去の金融事故を起こしている人物」という違いがあります。同じ使われ方をしても実際のところは違うので注意してください。

 

返済の見込みがあるか

カードローンの審査をクリアする為に必要なことは、「確実に返済してくれる見込みがある」とローンサービス提供側に評価してもらう事です。その材料として年収や過去の信用取引の実績などが評価されるわけであり、裏付けとなるものが何もなければ評価されなくても仕方がないことです。

 

そこで、審査を通過できる可能性をより高めるために必要なことは、「各社の審査状況を出来る限り把握し、最も可能性の高いものを選び出す」というものです。

 

就業先の評価や年収などをすぐに変えることは困難ですし、自身の実績を急に作り出すという事も出来ない以上、出来得る工夫は「ハードルを下げる」というものになります。

 

カードローンを利用しようとしていう方はそれぞれの状況があると思いますが、目的に必要な額や回数を改めて見直して、現実的な冷静な判断が出来るように頭を切り替えられることはこのような状況においては非常に有益で、前に進む為のカギとなるでしょう。

 

幸い、カードローンを提供している会社はそれぞれ違った独自基準で最終的な判断を行ってくれる為、ハードルが高い・低いと言った違いが出てきます。だからこそそれぞれカードローン会社の審査の特徴、基準を知っておくだけでも、どのような条件を満たしていればクリアできるのかをある程度想定することもできるのです。

 

また、このような違いはカードローンの審査だけでなく、利用するうえでの金利の違いであったり、返済金額、回数、等の違いにも大きく表れることがあります。それだけ自分の目的とそれに見合うサービスを見つけ、利用することはとても重要なことだといえます。

 

意外に狙い目「マイナーなカードローン」

特に狙い目となるのは「マイナーなカードローン」で、大手と比べると顧客獲得意欲が高いことが多いので審査基準が下がる可能性があります。大手の場合、資本が大きいので融資出来る顧客の幅も広くなっても良いのですが、逆に言うと希望者の確保には事欠かない為「敢えてリスクを取る必要が無い」という判断をすることも容易です。

 

その為、「危ないかもしれない」という評価を少しでもされてしまった場合、余程大きなメリットが無い限りは審査を通過できない可能性が高くなってしまいます。

 

ところが、顧客獲得が上手くいっていないカードローンの場合は「多少リスクがあっても顧客を獲得したい」と思っていることが多い為、結果としては融資を受けられる可能性が高くなるという訳です。

 

ただし、マイナーなカードローンの場合は融資金額が少額になってしまう可能性もある為、高額融資を希望する場合には選択できない可能性もあります。自分の本来の融資の目的を見失って、ただ目の前の融資が出来るかどうかだけにとらわれないように、何に使うのかをしっかりと意識していることも重要となるでしょう。

 

正攻法で言えば「自分自身の信用能力を高める」という方法が間違いないのですが、場合によってはここで紹介した要素を重視して申し込み先を決めることも有効です。ただし、不安だからと言って何社にも申し込みをしてしまうと、本来契約出来たはずのカードローンまでも否決されてしまう可能性があるので十分に注意する必要があります。

 

このような背景には契約までの過程を全て信用会社が情報を管理しているという理由があります。なぜ何社にも申し込みをしているのだろうかと信用会社から不安に思われる可能性がある為、むやみに申し込みをしないように、 審査の期間には手続きの状況を把握して進めることが必要となります。

 

またカードローンやキャッシングの審査に通過した後には、サービスを利用する為の手続きが必要となることでしょう。その際には提出が必要な書類があったり、本人確認在籍確認などの手続きが必要となります。

 

実際に在籍確認をする前に、それはどのようなことなのか、どのような流れにおいて行われるのか、必ず行わなければならないことなのか等の疑問も多いと思います。これらの疑問についてあらかじめちょっとした知識さえあれば柔軟に、不安になることもなく在籍確認の流れをスムーズに進めることが出来るでしょう。

 

逆に流れに関して知らないことで、思うようにスムーズに進められなかったり、自分の職場の方たちにいらぬ心配をかけたり等、想定外のことが起こる可能性があります。

 

基本的に知らないよりは知っておいた方がスムーズに進むのは自然なことだと思います。また、カードローンやキャッシングを利用しようとされている方の中には、必要ではない知識や情報も一部あるかもしれません。

 

そのようなときは読み飛ばしていただいても結構です。それぞれに状況も、現段階で持っている知識も、知りたい知識や情報も違います。だからこそそれぞれご自身にとって必要だと思うことから情報をキャッチして頂いて、1つずつ理解を進めていって頂きたいと思っています。

 

初めてのカードローン・キャッシングには不安が付きまとうことも多いでしょう。実際に利用方法や、申し込み方法、利用が始まった後の返済プラン等不安があって何から知ればよいのかと思われている方も多いかと思います。、なるべく正しい、自分にとって有益な情報を持っておくことで、これらの不安は多少払しょくすることも可能だと考えています。どこまで詳しい情報が知りたいのかも人それぞれだと思います。

 

正しい返済プランを立てて、カードローン利用を始めることは非常に大切なことだと考えています。カードローンを利用するということは、借りた金額に金利がかかり、それを返済していくということになります。

 

利用する前に計画的な返済プランが立てられていると、どのサービスを利用したとしても、その後の返済時に余裕をもっていられると思います。もし万が一、想定していた状況と変わることがあっても、そもそも立てている返済の計画があれば、その計画をどのように立てなおしていけばよいか金額、返済の回数、頻度等をあせることなく変更できるのではないでしょうか。基本的に返済のプランを立てていたほうが気持ちの余裕にも繋がると思います。

 

 

また、返済計画を立てるためには利息の計算方法等、最低限のカードローンの知識も必要となるでしょう。利息の計算が出来ないことには、実際に借りた金額に対していくらを返済すればよいのか具体的な金額の算出ができないからです。

 

算出が出来ていると返済をしている途中でも自分は今どの状況にいるかの立ち位置の確認もしやすくなります。想定よりも返済がスムーズに進んだ場合も、進んでいない場合も対応はしやすいと思います。

 

 

 

カードローンを利用したいと思っていましたが、今までに利用したことがなくてどうすればよいのか、何から始めればよいのかと思っていました。その時に役に立ったのは、カードローンというサービス自体の説明と、審査内容や項目に関しての客観的な事実が述べられている情報のまとめでした。出来るだけ金利は安く、審査にも時間をかけずに、早めに終わらせたい、と思っていました。

 

ただ自分の希望する条件を満たすサービスはあるのか、あるとしたら一体のどのサービスなのか、そのサービスの審査に通る為にはどのような対象内容を満たしている必要があるのか等わからないことが多い状況でした。そこで本サイトのような様々な情報がまとめられているものを見て必要なところを吸収していくことで一つ一つ知識を備えていって、利用しても怖くないような最低限の予備知識は持っている状況になりました。

 

実際にカードローンごとの特徴にどれほど違いがあるのかと思っていましたが、申し込みがインターネットで出来るのかどうか。金利の違いなど重要で、かつ会社ごとに明確に違いがあるというのも理解が出来ました。

 

審査落ちする人にはある一定の特徴があることもしり。自分はその特徴に当てはまるのか、どの点において特に注意する必要があるのかも掴んでいきました。それもあって実際に利用する際にも慌てることもなく、審査に関しても自信をもって通過することが出来ました。

 

また、審査の際の手続きの1つの勤務先への在籍確認に関しても、あらかじめ知っておいたことで、落ち着いて対応が出来たことの1つです。確認方法としても電話確認だけでなく、書面での確認が出来る場合もあるというのは知っておいて損はしないことだと思います。

 

給与明細や源泉徴収票のコピー送付で対応できるということは、カードローンを利用したいが、在籍確認があることが一つのネックになっているという方には、助かる手段なのではないでしょうか。

 

その他、各カードローンサービスも審査の基準や厳しさが常に同じとは限りません。各社それぞれに新サービスを出すこともあれば、何かしらの要因によって、審査の基準が高くなったり、低くなったりすることもあります。そのような各社のサービスの借り入れのしづらさや、審査の通りにくさに関しても、どのように変化があるかについても後のページで解説をしています。この情報をもとに各社のサービスを比較して、リアルタイムで自分にとって適しているの現在のサービスなのかということを検討することができると思います。

 

よく混同されがちな、キャッシングとカードローンの違いに関しても、後のページで言及しています。また、ただサービスの違いに関して説明しているのではなく、融資を受ける観点からの説明となっています。

 

中でも即日融資を希望されている方にとっては、審査回答時間も非常に重要なこととなってきます。申し込みをしたその日付中に審査の回答を受けたいと希望される場合は、申し込みの時間も重要なポイントとなってくるでしょう。審査を受ける自分自身の状況によっても、即日融資できるかどうかは変わってくるので、その審査基準についても参考にして頂けると思います。

 

またカードローンの返済方法に関しては、審査に通った後に、利用を開始した後に大切なこととなり、利用する方にとってはぜひ知っておきたい内容となっています。よく返済方法について、返済の分割払いに関しては、見聞きすることが多いと思います。一口に分割払いと言っても、元利均等返済等といった専門用語に近い言葉も出てきます。

 

この元利均等返済については、代表的なところでは住宅ローンにおいて使われることが多いものです。もちろん金利の大きさによりますが、この返済方法だと、元金が大きい場合、最初のうちはなかなか返済しても残額が減っているように感じないこともあるかもしれません。住宅ローンでいうと、何十年たってくると、一気に返済している実感がわいてくるようになる場合もあります。

 

また最も、よく耳にすることの多い支払い方法としてはリボ払いというものがあります。この支払方法だと、月々の利用した金額に関わらず、毎月返済する金額が一定にできるという特徴があります。もちろんそれだけ返済の回数が増え、金利が付くので、どちらを選択するかは、利用者の方の判断になりますが、一定の返済額がよいと感じられる方は、この支払い方法を選択する方が多いでしょう。

 

例外はありますが、基本的には利用額に応じて、一回の支払い金額がスライドすることはなく、一定になるのでその点は1つの支払い方法として知っておいてもよいでしょう。

 

また臨時で収入が入った、収入に余裕が出来たため、多めに返済したいという場合は、多くのカードローン会社では残額一括返済も可能となっています。残額を一括で返済することができれば、それだけ金利もかからなくなるので、利用者からすると、出来るのならこの支払方法はよいでしょう。

 

ただその際は一括返済手数料がかかる場合があるのでカードローン会社に相談するか、前もって確認しておく必要があります。

 

実際に利用して思うことはやはり事前に準備出来る事はしておいた方がよいということです。どの会社のサービスを利用したとしても、その会社は他の会社の情報を教えてくれることはないですし、比較する為には事前に自分で調べておくしかないからです。

 

それらは各々で知っておかないと誰も教えれくれる情報ではない為、あらかじめ知っていた知識の差で、実際に利用する際の判断基準が出来上がってしまうともいえます。

 

できる事は普段からやっておくという当たり前の事ですが、ことカードローンに関していうと、今すぐ借りたい、急いでいる、即日にでも借りたいというような状況の方が多いと思いますが、その中でも少しでも、それぞれの方によって良い選択をする為に、抑えておくべきことを抑えて、落ち着いた判断ができるようにすることは大切なことだといえるでしょう。

 

また実際に本当に急いでいて、少しでも早くカードローンを利用したい、即日にでも、出来るだけ短い時間で利用したいという方にも、サービスによっては最短30分の審査が可能なこともあるので、そのような情報にアンテナを広げておくこともひとつのポイントになるでしょう。

 

手続きの時間に関しては、銀行系のカードローンサービスに関しては、カードローンの利用前に、その銀行を普段から利用しているかがカギとなる場合もあります。申し込み先の銀行に普通預金口座を開設していないと、即日で融資は受けられないのです。その銀行をそもそも利用していた場合は手続きもはやくおわることができるのですが、そうでない場合は時間がかかってしまうこともあります。

 

ただしこのような、審査の基準は、比較的厳しいと言われていました。しかし、最近その審査もゆるくなってきているという傾向も見られます。しかし、三井住友銀行など大手銀行の場合、借り入れを利用できるATMも全国にあり、田舎でも提携して銀行のATMで利用することができ非常に便利になっています。

 

その他、コンビニATMでの利用や、インターネットバンキングからの利用もできるという便利な点は、出来る限り様々な手段があった方がうれしい、出来ればインターネットでの利用をしたいというような方にも、カードローンサービスを選ぶ際の、一つのおおきな判断材料となるでしょう。

 

また審査に通る為のコツというものもあります。申し込みの利用希望額を多くしないことが1つのポイントとなっています。利用希望額が高くないということは、申し込むときに、多くの金利を必要としないということが理由となっています。希望の利用額よりも低かったとしても、借り入れを利用をして、実績をつくれば、後にさらに借り入れ限度額が上がる可能性もあります。現実的にはこちらの方が確実な借り入れと、利用希望額の増額につながることもあるといえるでしょう。

 

カードローン別の特徴に関しても、審査に関する、審査期間や難易度や手続きの違いはもちろん、普段利用する際に助かるコンビニATM利用可の是非についても解説をしています。借り入れがどこで出来るのかということも利用する際には大きなポイントとなるでしょう。

 

中にはどうしてもコンビニでの借り入れ、返済ができる事がありがたいという方もいらっしゃると思います。返済する際の事も考えて、借り入れ後はどこで返済ができるのかについてもあらかじめ知っておいて損はない情報でしょう。

 

基本的には様々なカードローン会社、また、その会社のカードローンサービスに関しても網羅的に解説をしているので、見ていくと知っておいて得な情報が入ってくることでしょう。ただ、このカードローンということ自体がお金に関することなので、このように特に知られているカードローン会社をピックアップしていたり、いわゆる大手と呼ばれている会社をピックアップして、まとめられていることは安心感に繋がるでしょう。

 

誰もが頭では分かっていても、相当な豊富な知識や情報を持っていない場合は、お金に関してのことは慎重になったり、多少不安を覚えることもあるでしょう。その際には本サイトのように様々な情報を整理して網羅的にまとめられているものは、まだ知識があまりない方にも、自然と知っておくべき優先順位を持って、新しく知り、自分で考える為のよい材料となっていくと思っています。